症例紹介CASE INTRODUCTION

CASE1破折歯

自転車で転倒してしまい、前歯4本を破折。ポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。ポーセレンラミネートベニアは残存歯を必要以上に削る事なく、機能的な回復がおこなえます。

ページTOPへ

 

CASE2根面被覆術

歯肉が退縮してしまった右上の前歯3本に歯肉を移植し、前歯6本をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないましたポーセレンラミネートベニアは少しの削合で歯の形態、色調の改善がおこなえます。

ページTOPへ

 

CASE3離開

前歯6本をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。このような場合、歯はほとんど削らずに治療ができます。ポーセレンラミネートベニアは少しの削合で歯と歯の隙間や形態の改善がおこなえます。

ページTOPへ

 

CASE4ウィング

前歯6本をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。矯正治療ができない方でも美しいスマイルラインを得ることができます。ポーセレンラミネートベニアは乱れた歯並びもこのように自然な仕上がりになります。

ページTOPへ

 

CASE5失活歯

歯の神経が死んでしまい変色してしまった右上の前歯をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。隣の天然歯と比べても治療したことがわからないほど美しい仕上がりとなりました。

ページTOPへ

 

CASE6歯間乳頭再生術

 

歯根の破折により消失してしまった歯間乳頭を再建するため矯正治療後、歯肉を移植し前歯2本をオールセラミッククラウンにて修復をおこないました。

オールセラミッククラウンは歯肉が黒ずむ事もなく、天然歯と変わらない透明感と自然感を出すことができます。

ページTOPへ

 

CASE7前歯の不良補綴物

適合の悪いセラモメタルを除去し、オールセラミッククラウンにて修復をおこないました。その後、患者様の希望により、隣接する左右の歯6本をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。色調と形態が調和し、患者様の希望するスマイルラインを得ることができました。

オールセラミッククラウンとポーセレンラミネートベニアが混在する症例ですが、とても自然な仕上がりとなりました。

ページTOPへ

 

CASE8前歯ブリッジ

右上の欠損部に歯肉を移植し、ジルコニアオールセラミッククラウンにて修復をおこないました。

欠損部のセラミックが天然歯のように生え出ているかのような自然な仕上がりとなり、患者様にとても満足していただきました。

ページTOPへ

 

CASE9矯正+修復物

矯正治療後に前歯2本をオールセラミッククラウン、真ん中から2番目の歯をポーセレンラミネートベニアにて修復をおこないました。

機能的かつ審美的な仕上がりにとても満足していただけました。

ページTOPへ

 

CASE10臼歯CR・オーバーレイ

CR(コンポジットレジン充填)

パラジウムインレー(保険適用の詰め物)を除去し、コンポジットレジンにて修復をおこないました。

何色ものレジンを積層充填することで、天然の歯と変わらないほど美しい仕上がりとなります。

 

セラミックオーバーレイ

古い詰め物と欠けてしまった歯の部分を削り、セラミックオーバーレイにて修復をおこないました。

オーバーレイにすることで歯がかけにくくなります。

ページTOPへ

 

インレー・オンレー・オーバーレイ・咬合面

■セラミックインレー、オンレー、オーバーレイ(咬合面)

矯正治療後、パラジウムインレー、オンレー(保険適用の詰め物)を除去し、セラミックインレー、オンレー、オーバーレイにて修復をおこないました。

摩耗等により消失した機能を回復させることで安定した咬み合わせを得ることができます。

ページTOPへ

 

CASE11前歯インプラント

 

不適合なブリッジを除去後、右上の真ん中から2番目の歯を抜歯し、
欠損部に2本のインプラントを埋入しました。
その後前歯5本をオールセラミッククラウンにて修復をおこないました。

ページTOPへ

 

CASE12インプラント

矯正治療終了後に上下合わせて9本のインプラントを埋入しました。
前歯はジルコニアオールセラミッククラウン、臼歯はセラモメタルとジルコニア
オールセラミッククラウンにて修復をおこないました。

ページTOPへ