診療コンセプト

診療方針

代官山アドレス歯科クリニックで提案している審美歯科とは
「より美しくより噛めてより丈夫な歯を」というニーズに応えるための審美歯科です。
見た目のみを治す治療とは異なり、機能的(咬合や顎関節)に満足していただくためのハイクオリティーな治療を行っております。患者様の主訴を第一に考え、噛み合わせの診断、歯肉の状態などの現状と歴史を十分に診査・診断し資料を作成してカウンセリングを行い患者様とのコミュニケーションを大切にしております。
また、治療についてもひとつひとつのステップに時間をかけた精密な治療を行うため、歯科顕微鏡を備えております。少人数、予約制をとっており、さらに患者様がリラックスして治療できるよう、全室完全個室で美しくなるための上質な時間を提供して参りたいと考えております。

診療体制

総合歯科治療

治療理念 ?患者様にとって最善の治療を?

当院の治療コンセプトとしては歯科治療の4大目的である【機能回復】【構造の再構築】【生物学的恒常性の回復】【審美性】を総合的に考えた治療を行うことです。「単に見栄えだけがよくなる治療」「応急処置的な治療」は行いません。

「審美歯科治療」においても【審美性】だけを考えるのではなく【機能回復】【構造の再構築】【生物学的恒常性の回復】【審美性】を総合的に考え治療を行います。単純に【審美性】だけを考え神経を抜くことや削る必要のない健康な歯を削ることはいたしません。【審美性】だけを考え早く簡単に治療を終わらせることが本当に患者様にとって最善の治療だとは思えません。

 

確かに早く治療が終われば患者様は喜んでいただけます、しかし、治療後に体に不具合が起きたり、その治療自体が長持ちしなければ意味がありません。私達は【機能回復】【構造の再構築】【生物学的恒常性の回復】【審美性】のすべてを総合的に考え治療後も健康的で予知性のある(長持ちする)治療をこころがけています。

予知性のある総合的な治療をおこなうために当院では【EBM(Evidence base Medicine 根拠に基づいた治療)】【MI治療(Minimum Intervention 最小侵襲治療)】【インターディシプリナリーアプローチ】を重視しています。

ページTOPへ

EBM Evidence base Medicine ?根拠に基づいた治療?

EBM(Evidence base Medicine)とは科学的根拠に基づいた治療です。 当院では患者様の治療前と治療経過、治療後のデータをとっています。データを蓄積し世界の学術的な研究報告などと照らし合わせ分析することで今後の治療に対しての科学的根拠を集めています。これまでの経験と科学的な治療根拠を活かすことでよりよい治療を患者様に日々提供できる体制を整えています。 また国内外の学会や勉強会に参加し学術研鑽を行っています。

より最善の治療をおこなうための科学的根拠があることで、様々な見地から判断された総合的な治療を行うことができます。EBMをしっかりと行うことでMI治療を実践するためのベースが創られていきます。

 

ページTOPへ

当院の実践するMI治療

MI治療とは最小侵襲治療、つまり最小限の治療で最大限の結果を引き出す治療です。

専門家からの視点で「これは削らなくてもしっかりメンテナンスを行えば大丈夫」といった症例もあります。削ってしまったら元には戻りませんから、なるべく天然歯を残すべくしっかりと診査・診断を行った上で治療を行います。

しかし削らなくてはならない症例ももちろんあります。 削らなければ余計に悪化してしまうため、前述にあった【機能回復】【構造の再構築】【生物学的恒常性の回復】【審美性】に支障をきたさないように、削ることが最善の治療のケースもあります。また、審美歯科治療で必要とされる歯の位置の改善については歯をたくさん削るよりも矯正治療をおすすめするようにしております。

その症例をしっかりと見極めるためにも日々、学会や勉強会に参加するなどし学術研鑽をおしみません。 当院ではマイクロスコープを各診療室に設備してあります。マイクロスコープを活用することによって拡大下の治療を行い、より精密な治療、削る範囲を最小限にとどめるMI治療を実践しています。

 

ページTOPへ

インターディシプリナリー・アプローチ

また「インターディシプリナリー・アプローチ」を行っております。インターディシプリナリー・アプローチとは補綴、歯周病、矯正、外科などの各専門医が治療技術の高度なレベルで専門的に連携し一口腔単位を総合的にとらえなが治療のゴールを目指す取り組みです。 各分野のエキスパートが考え抜いた治療計画は無駄がなく、患者様の歯を必要に削らず、またそれぞれの治療の順序やタイミングを的確におこなうことで治療期間を短くし患者様への負担を減らすことができます。そして最高の治療結果を患者様に提供することが可能になります。

インターディシプリナリー・アプローチについて詳しくはこちらをクリック

ページTOPへ

診療の流れ

Step1.カウンセリング

患者様の主訴を理解するため、カウンセリングを重視いたしております。 歯科医師の立場から患者様が望む最善の治療方法を患者様と共に話し合います。シュミレーションモデルや患者様がイメージする写真等をお持ちいただけますとより具体的なお話しが出来ます。

※カウンセリングは無料となっております。
電話番号 : 0120-87-1182

Step2.検査・診断
X線撮影・口腔内写真・顔貌写真・歯周病リスク検査・虫歯リスク検査・噛み合せ検査等を行い、現状の患者様のお口の状態をより具体的にお調べいたします。

 

Step3.問題点の抽出と治療計画の立案
歯科医師(治療)・技工士(補綴物の製作)・歯科衛生士(メインテナンス)の間でディスカッションを行い、今後の治療の問題点の抽出を行います。その後、今後の治療計画を患者様に立案します。

 

Step4.コンサルテーション(治療方法の決定)
治療目標・必要な前処置・期間・費用・限界・治療後などの説明を行います。
もちろんインフォームドコンセント(患者様が理解・納得した上での治療)を重視致しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

Step5.治療開始
治療方法が決定しましたら、治療をスタート致します。 治療途中お気づきな点やご不明な点などございましたらお気軽にお申し付けください。

 

当院では患者様ひとりひとりにメインテナンス・クリーニング担当の歯科衛生士が付きます。 治療中や治療後の歯肉やエナメル質の管理をして、口腔内の健康と美しさを保ちます。
※ 診療をご希望の方へ
当院では各種診療についての無料相談を行っております。 また、定期健診補綴物の保障など、治療後も歯の健康を維持していくための取り組みを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

※治療費のお支払いについて
当院では治療費の現金分割払いの他、各種クレジット払い、デンタルローンにも対応しております。これらのお支払方法をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

ページTOPへ

プロフェッショナルなアフターケア

歯科衛生士によるプロフェッショナルケアやホームケアなどのアドバイスを行っています。このような治療後のメインテナンスにより、せっかく治療した歯を悪化させて再治療を行うことがない状態を維持していきます。

以下が医院で行うメインテナンスクリーニングの主な内容です。

  • ご自分のブラッシングでは取れない歯石や歯肉の中の汚れをプロの手により除去すること
  • 食事や飲料、喫煙などにより歯の表面に付いてしまった着色を定期的に除去すること
  • 歯周病や虫歯になる前に病気を予防していくこと
  • 正しいケア商品の選択を随時していくこと

これからの生活の中にそれを取り入れる事により、確かな健康の増進・維持が可能になります。お口の中は個人差があり、また生活習慣や全身の状態が敏感に反応するところでもあります。患者様のペースやニーズを十分に考慮し、心地よいクリーニングを目指しています。

お問い合わせはこちらへ

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 院長 Dr.大河雅之
  • インターディシプリナリー
  • 症例紹介
  • インプラント
  • マイクロスコープ
  • アクセス・医院概要