インプラント

インプラントとは

インプラント図

インプラントとは、人工歯根のことをいいます。

歯を失った骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に歯を立ち上げる治療です。 歯の欠損が与える影響は、機能・審美・そして精神的にも大きなダメージです。 インプラントは、歯の欠損における有効な治療法なのです。

ページTOPへ

歯を失った場合の治療方法(ブリッジ・入れ歯とインプラント比較)

ブリッジとの比較
  • ブリッジ:失った歯の両脇の健康な歯を削り3本の人口の歯を被せます

     

    • 噛む際に削られた歯に負担がかかる
    • 歯根が無いため噛む刺激がなく歯茎が痩せてしまう
    • 正しい力が伝わらない
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、1本の人口の歯冠を固定します

     

    • 健康な歯を維持できる
    • 歯根があるので正しい力が加わり歯茎も健康に保てる
    • 天然の歯と変わらない外観と機能が保てる
部分入れ歯との比較
  • 部分入れ歯:人口の歯を金属のバネで健康な歯に固定します

     

    • 金属のバネを掛けることで健康な歯に負担がかかる
    • 金属が見えるため見栄えも悪く違和感を感じてしまう
    • 付け始めは会話の際に発音がしずらい(総入れ歯は特に)
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、人口の歯冠を固定します

     

    • 時間とともに骨とインプラントが結合するため外観も機能も天然の歯と同じ感覚で違和感がない
    • 1本1本単独で固定されるため安心して噛める
総入れ歯との比較
  • 総入れ歯:人口の歯を歯茎全体に被せます

     

    • 歯肉が痩せてぐらつき、ズレにより食べ物が挟まる
    • 嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難
    • 毎回外して洗う等のわずらわしさがある
  • インプラント:複数のインプラントで人口の歯全体を固定します

     

    • あごの骨にしっかりと固定されるためぐらつきがない
    • 食べ物が間に挟まることがほとんどない
    • 天然の歯と同様の外観と機能を保つことができる
比較項目 インプラント ブリッジ 入れ歯
見た目 優れる 良い 良くない
費用 自由診療 保険・自費 保険・自費
噛む力 優れる 弱い 良い
耐久性 優れる(手入れ必要) 隣接の歯に負担 合わなくなる事が多い
歯を削る なし あり なし
違和感 なし 少ない あり
手術 あり なし なし
治療期間 約3ヶ月から12ヶ月
(個人差あり)
2~3週間 2~3週間

ページTOPへ

インプラントの耐久性

  ブローマルクシステム
上顎前歯部 92.3%(104人中96人)
上顎臼歯部 92.1%(79人中72人)
上顎前歯部 100.0%(127人中全員)
上顎臼歯部 95.4%(87人中83人)
合   計 95.2%(397人中378人)

(2000.11月 第4回額顔面インプラント学会抄録より抜粋)

ページTOPへ

インプラント治療を受ける前に

インフォームドコンセント

当院では、患者様にご納得いただける治療をご提供するために、インフォームドコンセントを徹底しています。現在の症状、治療の内容・流れなどをわかりやすくご説明し、患者様のご同意をいただいたうえで初めて治療に入ります。最新の設備と技術だけではなく、患者様の目線に立つことが大切です。さらに、当院ではお一人おひとりに最適な治療をご提供するために以下の診査・診断を行っています。

CT撮影

CT撮影により顎の骨の検査を精密に行うことで、顎の骨の硬さ、神経の位置、人工歯根の適切な埋入位置を正確に把握でき、最適な手術を行えます。また、骨量も把握できるため、骨の移植や骨再生療法が必要かどうかの判定が正確にできます。

※ノーベルバイオケア社より画像転用転載/無断転載厳禁

ノーベルガイド

CT撮影データから起こした3D画像をもとに、インプラント埋入位置や角度などを正確に導く医療用のシミュレーションシステムです。歯肉の切開を最小限に抑えられるので、術後の回復を早めることができ、即日中に入れる仮歯の快適な装用を実現します。

※ノーベルバイオケア社より画像転用転載/無断転載厳禁

診断用 Wax up

診断用のWax upで最終的に装着する人工歯の形態を決めておきます。
あらかじめインプラントの埋入位置を確認しておきたいときに作製する模型です。Wax upによって治療後の口腔内をイメージできるため、より精密な人工歯を作製できます。
○部分にインプラントを埋入します。

サージカルステント

Wax upにより、最終的な人工歯を決定して、インプラント手術の際に埋入位置を確認するために用いるために用いるマウスピースです。より天然の歯列・自然観、咬み合わせなどを再現するために、CTとの連動で正確な位置・方向・深さにインプラントを精密かつ安全に埋め込むことが可能です。

ページTOPへ

オペ室での最新設備に関して

インプラント専用オペ室

オペ室は完全個室です。万全な滅菌対策がなされていますので、安全な治療をお受けいただけます。

滅菌パック

使用済みの治療器具はすべて滅菌処理をし、治療・処置時には常に清潔な器具を使用しています。
滅菌器にかけた器具は、すべて滅菌パックにて保管。細菌の侵入を防ぎ長期間滅菌状態を保持できます。二次感染のおそれがない環境にて診療にあたります。

ページTOPへ

当院でのインプラント治療の流れ

Step1.カウンセリング(無料)

治療前にコンサルテーションルームにて無料でカウンセリングを行っております。問診表をもとに模型や資料を用いて、治療についてわかりやすく説明させていただきます。不明点や疑問点がありましたら、何でも遠慮なくお尋ねください。

Step2.審査・診断

お口の中を診させていただき、口腔内をレントゲンやCTで撮影し、治療計画書のもととなる簡易的な資料を作成します。その後、作成した資料をもとに問題点を明確にし、患者様により専門的な内容をお伝えします。
※資料作成は患者様の金銭的負担にならないように、できるだけ保険診療の範囲内で行います。保険診療の範囲を超える資料が必要になる際には事前に必ずご相談いたします。

Step3.治療計画

カウンセリング、事前診断をもとに「治療計画書」を作成し、治療期間や費用などのお見積もりを事前に提出させていただきます。治療計画は、患者様の年齢や状態に合わせて、CT・血液検査・レントゲン撮影・模型作成などの検査工程などを用いて高精度に行います。

Step4.1次手術

あごの骨にインプラントを埋め込み、歯肉を縫合します。
※入院の必要はありません。当日中にお帰りいただけます。

Step5.結合期間

インプラントがあごの骨と結合するまで、外部からの力がかからない状態で、下顎2ヶ月、上顎4ヶ月位の治癒期間を置きます。

Step6.2次手術

インプラントとあごの骨が結合したら、歯肉を再切開してインプラントを露出させます。その後、インプラント周囲の歯肉の形を整えるため、THA(部品)を装着します。症例の骨質や骨量などによって、2次手術が必要ない場合もございます。

Step7.アパットメント・人工歯装着

インプラントの土台となるアバットメントを装着します。仮歯(プロビジョナルレストレーション)の経過観察後、最終的な人工歯が装着され、治療完了です。

Step8.メインテナンス

当院の歯科衛生士がメンテナンスを担当します。長期的に問題なくインプラントを使用していただくためには、メンテナンスが重要です。インプラントはきちんとケアをすれば、数十年にわたり使用できます。当院の定期検診を受けて、快適なデンタルライフをお過ごしください。

お問い合わせはこちらへ

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • インプラントレスキュー
  • 症例紹介
  • 院長 Dr.大河雅之
  • 診療コンセプト
  • 歯周病治療
  • インターディシプリナリー