スタッフブログSTAFF BLOG

「歯を失う原因」というと、何を思い浮かべますか?

2016.03.29

歯を失う原因として、30歳までは虫歯が、30歳以降は歯周病が第1位にあげられています。
日本では成人の80%以上の方に歯周病の症状があります。 また、歯周病は痛みがないまま、秘かに進行する病気です。

早期発見が難しい歯周病のチェックを、是非行ってみてください。
1.歯を磨くと歯茎から血が出る
2.唾液がネバネバしている
3.歯肉が腫れることがある
4.動く歯がある
5.歯肉の色が赤い又はどす黒い
6.歯が長くなってきた
7.歯と歯の間に物が詰まりやすい
8.口臭が気になる
9.歯肉を指で押すと膿がでる
10.固いものが噛めない

1つでも当てはまる方は、まず検査を受けてみることをオススメいたします。 定期的なメンテナンスが歯を健康に保つ秘訣です。 代官山アドレス歯科クリニックでも、検査、及び歯周病予防となるクリーニングを受けていただくことができますので、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ