スタッフブログSTAFF BLOG

ストレスと歯ぎしりの関係

2016.04.20

4月は始まりの季節。

進学や就職、転勤などで生活の環境が大きく変わった方も多いのではないでしょうか。

4月も半ばを過ぎ、新しい生活に慣れた方もいらっしゃれば、なかなか緊張がとけずストレスを感じていらっしゃる方も

おられるでしょう。

ストレスを感じると体に様々な症状であらわれます。

胃が痛くなったり頭痛がしたり、気分が落ち込んでやる気がしなかったり、人によって様々です。

実はお口の中も例外ではなく、ストレスを感じると歯ぎしり(上下の歯を前後左右に擦り合わせる行為)や

食いしばり(強く噛みしめる行為)が酷くなることがあるのです。

また、タッピングと言って小刻みにカチカチと上下の歯を噛み合わせる行為もあります。

寝ている間におこなうことですから自覚症状がなく、私達が歯の摩耗を診て歯ぎしりを指摘しても「やっていません」と仰る方が

ほとんどです。

歯ぎしりや食いしばり、タッピングは体のストレスリリースの1つとも言われているので、決して悪い事ではありません。

しかし過度な歯ぎしり、食いしばりによってご自身の健康な歯を折ってしまったり、セラミックが割れてしまったり、

当院の患者様で金属のブリッジを折ってしまった方もいらっしゃいました。

また歯だけでなく、顎の関節を痛めてしまう方も多くいらっしゃいます。

こうなってしまう前にオススメしたいのが、夜眠る際に装着していただくマウスピース(ナイトガード)です。

プラスチック製のもので主に上の歯に装着していただくのですが、歯同士が直接擦れ合うのを防止し、

顎の筋肉の過度な緊張をほぐしてくれます。

使いはじめは異物感が強く、慣れる前に挫折してしまう方もいらっしゃいます。

しかし一週間もすると体が慣れてきて、はじめはとても使えそうにないと仰っていた患者様がマウスピースが無いと

眠れないとまで仰ってくださるようになるのです。

歯ぎしりや食いしばりを完全になくす事はできません。

他院で歯並びが原因と言われたので矯正治療をおこなったが、歯ぎしりは治らなかったという患者様もいらっしゃいます。

歯ぎしり、食いしばりの原因は様々でまた個人差も大きく、同じ方でも症状が強い時期とそうでない時期があり

波があるのです。

「ストレスは万病の元」と言われていますが、ストレスを感じずに生活するのは不可能ですよね。

ですから出来るだけストレスを溜めずに、適度にストレス解消をしながら夜はナイトガードを使って歯や顎関節を守って

上手にストレスとつき合っていきたいですね。

 

 

一覧へ