スタッフブログSTAFF BLOG

プロフェッショナルケア(クリーニング)とホームケア(歯磨き)その2

2016.04.14

昨日は当院のプロフェッショナルケア(クリーニング)のお話をさせていただきましたので、

本日はご自宅でおこなうホームケア(歯磨き)についてお話しさせていただきますね。

よく患者様に、「お薦めの歯磨き粉は何ですか?」「歯ブラシはどのメーカーがいいですか?」という質問を受けます。

当院では歯磨き粉に関しては、研磨剤のあまり入っていないもの(特に顆粒が入ったものは使わないようお願いしています)

をお薦めしています。

虫歯のリスクが高い方にはフッ素入りをお薦めします。市販の歯磨き粉にも大抵フッ素が配合されていますので、患者様ご自身で

選ぶことはそんなに難しくありません。

歯ブラシにつきましては、毛先がまっすぐにカットされていてコンパクトなもの、硬さはふつうか少しやわらかめのものを

お薦めしています。

歯の治療が始まると、患者様のお口への意識も高まり歯ブラシはとても頑張ってくださるのですが、習慣として根付くまでに1番時間が

かかるのがデンタルフロス(糸ようじ)です。

薬局でもいろんなメーカーのものが陳列されていますが、フロスや糸ようじは食べカスがはさまったら使うという認識が

まだまだ一般的なようです。

実際、他院にて何年も定期的にクリーニングを受けていた方が歯磨きやフロスの指導を1度も受けた事がないという方が

多くビックリします。

当院では必ず歯磨きとフロスの使い方を指導させていただきます。

指導を受けた事がない患者様は、歯磨き粉が汚れを落としてくれると思っている方が多く、私もこの仕事につくまでは

そう思っていました。ですから歯ブラシにかける時間は1〜3分。もちろんフロスを使った事もありません。

歯磨き粉が泡立ち、ミント味が口の中全体にいきわたればOK!と思っていたのです。

小学生になるまでは親が仕上げ磨きをしてくれていましたので、そこそこ綺麗だったと思いますが、

それ以降はきっと歯肉炎だったかもしれません。あまり憶えていませんが、、、。

話が少しズレましたが、歯ブラシがあたるべきところにあたり、フロスで歯と歯の間の歯垢が取れると、

歯磨き粉をつけなくても驚く程お口の中がスッキリします。

逆に歯磨き粉をつけて磨いても歯垢が残っていると、間もなくお口の中はネバネバしてきます。

歯垢は歯ブラシやフロスをあてなければ落ちないからです。

そして時間が経てば経つ程硬くなり、歯垢が歯石へとなって歯ブラシやフロスでは取り除けなくなってしまうのです。

みなさん、1日1回(できれば寝る前に)でかまいませんので、歯ブラシ+フロスでお手入れをしてみてください。

翌朝起きた時のお口のネバつき、口臭が全然違いますよ!

使い方がわからない、うまく使えないなどの理由で洗面所の引き出しに昔買ったフロスや糸ようじが眠っている、、、

おまかせください!そんな方こそ、ぜひ当院にお越しください!

クリーニングと併せてホームケアもしかっり指導させていただきますsmiley

みなさまのご来院をお待ちしております♫

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ