スタッフブログSTAFF BLOG

マイクロスコープを用いた審美歯科治療

2016.04.08

この数日マイクロスコープについていろいろとお話しをさせていただきましたが、

当院では代官山で開業した約16年前からほとんどの治療にマイクロスコープを使用しています。

特に院長の大河が最も得意とするラミネートベニアの治療にはマイクロスコープが必要不可欠です。

一昔前はぐるりと360°削ってクラウンを被せる治療が一般的でしたが(現在でもまだ一般的かもしれませんが、、、)

海外では何年も前からすでに「最小限の歯の侵襲で最大限の効果を上げる」というコンセプトにシフトしています。

当院の治療理念を読んで下さってる方はご存知だと思いますが、大河もそのコンセプトで日々臨床に取り組んでいます。

次回はラミネートベニアの治療方法、適応症ついて詳しくお話しさせていただきますね。

 

 

 

一覧へ